About me

Akiko launched her career after winning numerous prizes in prestigious competitions including first prizes at the Yehudi Menuhin (2000), Viotti-Valsesia (2002) and Forval Scholarship Stradivarius Japan (2003). She was also a laureate of the Concours Reine Elisabeth (2001), Paganini (1999) and Szigeti Competition (2002).

 

Since then she has enjoyed performing with major orchestras such as the Weimar Staatskapelle, Belgian National Orchestra, Lille National Orchestra, Beethoven Academy Orchestra, London Mozart Players, London Chamber Orchestra, NHK Symphony Orchestra, Tokyo Symphony Orchestra, Polish Radio Amadeus Chamber Orchestra and Lithuanian Chamber Orchestra, collaborating with conductors including Hans Drewanz, George Alexander Albrecht, Shlomo Mintz, Saulus Sondeckis, James Judd, Paul Watkins, Matthias Bamert, Gilbert Varga, Christian Arming, Christopher Warren-Green and Yutaka Sado.

Akiko made her debut with Yehudi Menuhin and the Essen Philharmonic Orchestra at the UNICEF Gala Concert in Germany in 1998. In the same year, she was invited by Vanessa Redgrave, UNICEF Goodwill Ambassador, to perform at the UN Headquarters in New York to celebrate the 50th Anniversary of the “Universal Declaration of Human Rights” where she performed a Bach Partita.

She has performed throughout Europe, the United States, Central America, North Africa, the Middle East and Far East. Venues include Wigmore Hall, Cadogan Hall, Royal Albert Hall, Queen Elizabeth Hall, Carnegie Hall, Konzerthaus Vienna, Tokyo Festival Hall, Tokyo Metropolitan Hall and Palais des Beaux-Arts Brussels.

Akiko sets great value in outreach activities and educational projects and has worked with the Red Cross, UNICEF and Live Music Now, as well as other institutions. She is one of the appointed artists of the Japan Foundation for Regional Art-Activities since 2006 and is a course leader of the Maiastra Chamber Music. Akiko also leads the Orpheus Sinfonia which supports the finest young musicians emerging from conservatoires across Britain. Every summer, Akiko coaches and plays chamber music with Yutaka Sado’s Super Kids Orchestra in Japan. 

In July 2016, Akiko launched a new summer violin course MusicSpace at Fitzwilliam College, University of Cambridge, in partnership with Cambridge Summer Music. In demand as a soloist and chamber musician, Akiko is also invited as guest concertmaster by various orchestras such as the Scottish Chamber Orchestra and Nederlands Symphonieorkest. 

Born in Tokyo, Akiko moved to the UK when she was 12 to study at the Yehudi Menuhin School. Subsequently she studied with Dora Schwarzberg and Michael Frischenschlager at the University of Music and performing Arts in Vienna

Her CD “Favourite Violin Pieces”, was released in 2008 with Ichiro Nodaira which has received rave reviews. Most recently, Akiko recorded her second album “Romance”, featuring works including Debussy, Stravinsky, Ysaye and Wagner which has been highly rated by top national music publications and newspapers.   

Akiko is a violin professor at the Guildhall School of Music & Drama, London, and the Yehudi Menuhin School.

 

 

小野明子・プロフィール

2000年メニューイン国際ヴァイオリンコンクールで優勝し、英国紙「ザ・タイムス」の一 面トップを飾り一躍注目を集める。「ビオッティ・バル セシア」「フォーバルスカラシップ・ストディヴァリウス」 等のコンクール優勝。「エリザベート王妃」「パガニーニ」「シゲティ」など多くの国際コンクールに入賞。

1998年、UNICEFガラコンサートにてメニューイン指揮 /エッセ ン・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、欧州デビューを飾る。同年、ニューヨーク国連本部で開催された「世界人権デー発足50周年記念会議」にUNICEF親善大使ヴァネッサ・レッドグレーブ氏に招かれ、バッハ「パルティータ」を演奏する。 

これまでワイマール州立歌劇場管弦楽団 、ベルギー国立管弦楽団、リール国立管弦楽団、ロンドン・モーツァルト・プレーヤーズ、ロンドン室内合奏団、サンカルロ歌劇場管弦楽団、コスタリカ国立交響楽団、ベートーヴェン・アカデミー、ポーランド放送アマデウス室内管弦楽団、リトアニア室内合奏団等とG.A.アルブレヒト、シュロモ・ミンツ、サウルス・ソンデッキス、服部譲二、ポール・ワトキンス、ギルバート・ヴァルガ、マティアス・バーメルト、クリストファー・ ヲーレン・グリーンら指揮者のもとで演奏。 欧州、米国、北アフリカ、中東、中米、東南アジアをまわり、カーネギー・ホール、ロイヤル・アルバートホール、ウィグモア・ホール、ウィーン・コンチェルトハウス等で演奏。 国内では、NHK交響楽団、東京交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハー モニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団等とハンス・ドレヴァンツ、 ジェームス・ジャッド、下野竜也、広上淳一、佐渡裕、飯守泰次郎、小松長生、飯森範親、クリスティアン・アルミンク、矢崎彦太郎、岩村力、川瀬賢太郎らのもとで共演を重ねる。英国BBC、独ZDF、ベルギーRTBF、オーストリアORFNHK総合、NHK-FM 「ベストオブクラシック」、ニッポン放送「新日鐵コンサート」公開録音プロミシング・ アーティスト・シリーズなど国内外のテレビ・ラジオに出演。

ソロ、室内楽奏者、国内外のゲストコンサートマスターとして幅広く活躍する他、英国赤十字、UNICEFLIVE MUSIC NOW、ミュー ジック・シェアリング、一般財団法人「地域創造」などの社会貢献事業に長年取り組む。教育にも力を注ぎ、佐渡裕氏率いるスーパーキッズ・オーケストラ、及びティアラこうとうジュニアオーケストラ特別指導者、M a i a s t r a 室内楽コースディレクター (英 国) を務める。2016年には、ケンブリッジ大学 Fitzwilliam Collegeの協力のもと、ストリング夏期講習 MusicSpace 」を立ち上げる。 
東京生まれ。12 歳でメニューイン音楽院に単身英国留学し、メニューインに7年間師事。その後、文化庁芸術家在外研修員、ローム ミュージック ファンデーション奨学生としてウィーン国立音楽大学、同大学院で研鑽を積む。Y. メニューイン、D.シュワ ルツベルグ、M.フリッシェンシュラーガー、N. ボヤスキー、小林武史、小林健次の各氏に師事。
 
野平一郎と奏でるCD「ツィゴイネルワイゼン」&ROMANCE」は各誌から称賛を博す。2016年リリースのROMANCEは「レコード藝術」準特選盤に選出される。最新のCD「霧の中から〜英国ヴァイオリン曲集〜」(WWCC7865)も好評発売中。「レコード藝術」特選盤に選ばれた。(2018年3月発売)

 

現在、英国メニューイン音楽院、ギルドホール音楽演劇院ヴァイオリン科教授。